Blog

07 9月 2018

歌を聴くこと

||
0 Comment
|

こんにちは!ボイトレの加納奈々です。
今日はお家での練習方法について書きます♪

よく生徒さんから、『家では大きな声が出せないので練習できない・・・』というお話を聞きます。
わたしもボイトレに通っている時は、練習することが楽しくてボイトレ終わってからも声を
出したい〜って思っていました。月に2回〜4回のレッスンだけでは声が楽に出るようになるまで
時間がかかってしまいますので自主練というのはとっても大切になります。

ただ、、、確かにお家ではなかなか大きな声は出せませんね。

でも、大きな声を出すだけが練習ではないんですよね!
以前もブログに書きましたが日常に腹式呼吸を取り入れる。例えばお風呂の湯船に浸かっている時に腹式呼吸をしてみる。
電車、バスに乗っている時に・・・。寝る前に・・・。など。腹式呼吸は唄うときだけに使うのはもったいない!!
日常に取り入れることで腹式呼吸に慣れ、声が出し易くなります。血の巡りも良くなって 体にも良しときた!!!

そして、今回もう一つ練習法をお伝えしたいのが《歌をよく聴く》です。
私のレッスンでは、それぞれ好きな曲を持参していただき その歌を唄えるように練習するのですが
その課題曲をどれだけちゃんと聴いているかで唄い方や表現方法が変わります。
好きなアーティストの曲を聴く ボイトレに通われる方はきっと唄う事が好きな方が多いので
聴くよりも一緒に唄う。というのが多いと思います。私自身も好きな曲は聴くよりも唄ってしまう・・・
それではちゃんとした音程もリズムも取れないし、歌の世界観も変わってしまう。
この歌は何を物語っているのか・・・何を伝えたいのか・・・を曲を何度も何度も聴くことで少しずつ分かってきます。

人のカバーをする時は”100回”はちゃんと聴く!と大先輩のアーティストさんに教えていただきました。
100回真面目に聴くのって難しいですが その先輩が伝えたかったのは回数ではなくそれだけ
ちゃんと聴くんだよ〜ってことだと解釈しています。

私は個人的に歌をよ〜く聴くときはボーカルではなく、ベース音を聴いちゃったりします。
歌を聴いた方がいいよ〜と言っておきながらwww
一つの楽器を集中して聴くとまたその曲の世界観が面白く感じられ 個人的に好きなんです。

歌を聴くって色んな楽しみ方がありますね♪
でも歌い手さんは まずボーカルをしっかり聴いて どんな唄い方をしているのかを
よくよく研究するのも 大切な自主練になります。

ではでは、またです^^♪

Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako