Blog

13 5月 2018

お久しBURIです!

こんにちは!

超久しぶりの投稿となりました。

kaku niiyamaです。

最近は何をしていたかというと、とにかく仕事しておりました笑

一番変化したのは、4月から始まったミュージックデザインという新しい授業を、学校で担当しております。

この授業は高校の1~3年生全生徒を対象とした授業でございます。

ピアノ、ギター、ドラムの中から楽器を一つ選んで頂き、一つの曲をマスターし、更にはトリオバンドの様にセッションまで出来る様に教えて行くという何とも前衛的であり、近場だとまずこんな授業はないだろうといった内容です。

特に三年生にとっては、高校生活最後の文化祭が11月にあるので、全員出演に向けて毎週授業を進めております。

殆どの生徒は楽器に触った事が無い方達。

しかし、皆んなとにかく毎回やる気マックス!

ですので覚えも早いし、吸収の仕方も物凄く上手なんです!

三年生のドラムパートは5名いるんですが、約1ヶ月で全員が8ビートをマスターし、フィルインもぼちぼち出来てきている子、まさかのハイハットオープンクローズが一発で出来た子など、個性豊かで、毎回笑顔笑顔の授業。僕も本当に力頂いております。

ミュージックデザインの授業が楽しみで仕方ない!という子もいて、本当に嬉しく思いますし、自分に本当に合っている仕事だと再認識。とても幸せな事です。

僕の母の出身校でもあるので、なんか凄く特別な気持ちになります。

キナコの方はどうなってんの~!

て方もいらっしゃるかと思います。

どうなっているかというと。。。

めちゃくちゃパワーアップしておりますよ!

ボイストレーニングの講師が2名参入してくれて、新しいメニューも沢山増えております。

もはや、ギター以外の物はキナコで習えます!といっても過言では無い所まで来たなといった感じです。

今年7月で4年目を迎えるスタジオキナコですが、まだまだやりたい事はありますし、僕自身の講師レベルの向上もまだまださせていきたいです。

そういう意味でも、学校法人の教壇に立つという事で、本当に刺激を頂いてますよね。

いつもお世話になっている先生方にも本当に感謝です。

さて、本日はキナコ発足以来、初ですね。

マンドリンのレコーディングがありました!

コンサートに行った事はありますが、間近でマンドリン自体を見るのは初めてだったので、めちゃくちゃ貴重な経験しちゃいました!

凄い良い音色で、うっとりする楽器だなと思いました。

演奏出来て羨ましいです!

マンドリンという楽器は、17世紀にイタリアのナポリで発祥した楽器のようです。

歴史深い楽器なんですね~

本日の奏者の方は、東京からいらしてくれました。

ご本人は緊張されていたようですが、そんな感じがしない位スムーズなレコーディングでした。お疲れ様でした。

さーて、明日はボイトレ、DJ、ボカロ専攻科の授業があるので、学校へ。

今からとても楽しみです!

本日はこの辺りにします。

それではまた。

kaku niiyama

Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako