Blog

23 1月 2018

写真のヒト

関東人は雪に慣れておらず、ちょっと降ると
歩道で滑って転ぶ人の映像がニュースで流れたりするものです。

今夜の雪はハンパではなく、積雪30~40cmというのはマジだった。
夏タイヤのスポーツカー、マペンでは、帰れるわけもなく
スタッドレス装備の車で家まで送ってもらいました。

大雪が降り続く中、その車中で色々な事を話し、
こんな夜にガス欠はまずいぞとスタンドに寄ったのですが、
そこで買ったホットコーヒーの味は
酸味が強めで苦手な味だった
くらいの情報量で一生残る事でしょう。

夕方頃に打ち合わせが終わったらカレーを食べに隣町まで行こう
などと言っていたくらいでして、甘くみていましたね。
自然には敵いません。
敬意をはらうべきですね。

そして、本当に記憶に写真の様に残るであろう映像は同じ日にあったのです。
自分に同じ事ができるだろうか?
状況を後になって考えれば考える程、今日出会った人物の
優しさ、器のでかさ、思いやりの心に驚かされます。

僕にはきっと同じ事は出来ないでしょう。
でもこういう事が出来るようなりてぇ っと強く思いました。

記憶に残るのは、うっすらと暗闇に見えたシルエットと、タバコの赤い光、それと声。
十分な感謝の言葉も言えなかったし、
名前も聞けなかった。
でも一生忘れない出来事と映像になるでしょう。

カッコいいっていうのは、
ルックスでも、発言でも、結果ですらなく、
なんにも言わない事なのかもしれません。

困っているから助ける。そこに理由がいるかい?

テールランプがそう言ってました。
やっぱり人間っていいな。

スッテン滑った関東人、今日も1日ガンバっぺ。
(コーヒー飲んじゃって眠れないんですよ笑)
それではまた明日。

Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako