Blog

25 8月 2017

KATSUO/KAKUSEI

||
0 Comment
|

こんにちは。
最近色々な事が裏腹な感じになる機会が多いkaku niiyamaです。
なるほど。こりゃ参った。ほほ〜そう来るか。なんて独り言をぼやく事も。

皆さんは如何でしょう。

日常で当たり前の様に使う言葉。言葉というのは非常に奥深いものですね。
最近ではLIN◯等の普及により、チャットライクなコミュニケーション方法が増えました。
顔を合わせて対話はおろか、通話さえも減り、文字でのやり取りが非常に多くなったなあという印象です。

僕が小さい時は、携帯電話さえ普及していない時代でしたので、家の固定電話や、今では珍しい緑の電話ボックス等を利用し、友達と待ち合わせをしたりしましたね。
それと、手紙ですね。

話しを戻しますが、裏腹な出来事。
このコミュニケーションツールがデジタル化され簡易化された結果。
最近僕には裏腹な事がかなり起きている訳であります。

伝えたい事。例えば

【ありがとうございます。】

【ありがとうございます!】

【ありがとうございます(^_^)】
では全然顔つきが違く、下手したら一番上とかは、冷たい印象さえ与えかねません。笑

いや〜〜これは難しい世の中だ。

次に手紙ですが、直筆の

ありがとうございます。

は温かい感じがありますよね。

それってようは、書いてる人の姿勢が伝わる、向き合ってる度がジワっと伝わるからなんじゃないかと思います。

人間、そうありたいよって僕は切実に最近思います。

こうしてブログをパソコンで書いてる以上、何を言ってるんだって感じですが。笑

何が言いたいかと言うと、最近勘繰り地獄に疲れてきたっていう事です!笑

真面目に考えて、言葉を選んだつもりが、思い切り冷たい印象を与えてしまった。

顔文字等を使った為なのか、何故か軽い印象を与えてしまった。

などなど。まぁこれからは手紙にします。笑

話しは変わりまして、今週日曜はクアトロさんで
『アニソンパーティー05 カツオ覚醒』
が開催されます!
僕は手紙を届ける様な昭和な選曲、温かい選曲をしていこうと思ってます!

昔のアニメソングって凄く夢やロマンが詰まってる様な歌詞が多くて、時代背景が一番分かりやすいジャンルの一つではないかと思います。
少年よ!夢は大きく持てよ!的な。
全面にそんなテイストが出ていますよね。

日本は本当アニメ大国で、世界にも認められているコンテンツの一つアニメーション。

さあて!楽しみ!

kaku niiyama

Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako