Blog

07 7月 2017

初めまして

初めましてレコードでDJ講師を担当させて頂く事になりました、
石澤裕樹(イシザワヒロキ)です。

併せてブログの方も開設して頂く事になりましたので、お付き合いの程宜しくお願い致します。

さて、堅苦しい挨拶はここまでにして、こちらのブログでは僕のお薦めの(と言うか個人的に好きな)レコードを解説(考察?)を交えて紹介していき、レコードの魅力を少しでも感じて頂ければいいかな…なんて思います。
僕自身、海に様にに深くて広いレコードの世界をまだまだ冒険中ですので、『そんなの知ってるよ!』なってのがあっても温かく広い心で読んでくださいねw

と、いう事で、初稿で紹介いたします曲はルパン三世の音楽を担当してらっしゃる事で有名な大野雄二さんの『LUPIN THE THIRD the Last Job EP』からA面2曲目に収録されている 〝MANHATTAN JOKE〟 って曲です。

こちらは1985年に公開された映画『ルパン三世 黄金のバビロン伝説』のオープニングとエンディングで、当時アイドルだった河合奈保子さんが唄っていた曲をジャズインストでセルフカヴァーしたものです。
映画自体を初めて見たのは多分高校生くらいの時だったと思いますが、TV第3シリーズの独特な絵で正直あまり良い印象ではなかったですねw
勿論、サントラ自体は大野雄二さんが担当と言う事で間違いは無いのですが…。
コチラのアレンジはDJユースでアッパーな展開もありながらリスニングにも適した曲でどんなシチュエーションにもバッチリなんじゃないでしょうか。
まさに踊って良し、聴いて良しw
2010年に発売された比較的新しいレコードですが、最近はレコードでの流通は少ない様ですので発見したら買いですヨ!
因みにB面はエゴラッピンでボーカルを担当している中納良恵さんが唄う、笑う太陽って曲が収録されています。

「そっち聴きたいよ!」とか「オリジナルが聴きたいよ!」って方、次回開催されますアニソンイベントで声かけてねwww
では、またー

Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako