Blog

23 5月 2017

鼓動!!ドドドドドド!

どうもおはこんばんちは〜!

写真は走行テストに臨む私の写真です。大型バイク免許を持ってるので250ccのバイクはオモチャ感覚で乗れちゃいます。それでもこの時代のバイクは速いからワクワクしますね。

 

本日の僕の予定は午前中友人のバイクを修理し、午後は走行テスト、夜は今日から新しくドラムを習う生徒さんがいらっしゃったので、第一回目レッスンをしました。

 

 

私はよく自宅(実家)で自分のバイクを修理したり、友人のバイクを持ってきて修理したり、近所に住んでる人のバイクを修理したりします。決して実家がバイク屋とかではないです。バイクが好きで自分で色々やってるうちにできるようになったっていうだけなので、プロではありません。

今日は友人のバイク、「カワサキ エリミネーター250SE」を修理しました。自走はおろか燃料漏れしていてエンジンもかからない状態だったので、以前からちょくちょく友人宅へ行って修理に出向いていたのですが、4月に友人が京都に引っ越してしまったので、とりあえず自走できる状態まで回復させて自宅に運び込んで原因を調べたりしてました。

今日は燃料漏れの原因を突き止めて処置をし、バッテリーを復活させて走行テストをしました。高回転型のエンジンなので12000回転近くまでギュインギュイン回して全開走行しても問題ない事を確認できたので満足です。

 

 

タイトルにもありますバイクの鼓動なんですが、皆さんは車やバイクのエンジンの音が車種によって違う事を思ったりしませんか?

例えば、トントントントン、トコトコトコトコ、ドルルルルルルル、シュインシュイン、いろんな音がありますね。アレはエンジンの中で拳大の鉄の塊が1分間に1000〜8000回転も往復してる音なんですよ、って言ってもあんまり想像つかないですよね。

ドラムを片手でトントントンと叩くのが1気筒のバイクだとします。有名なところだと、SR400とかスーパーカブとかですかね。

それに対して両手でトコトコトコトコ叩くのが2気筒だったりVツインのバイクだとします。アレ実は正確にトコトコと均等に爆発してるわけじゃなくて、ストローク方式やクランクの関係でズレてるんですけどね。不等間隔爆発です。ハーレーの三拍子とかね。そうそう、ハーレーの三拍子かっこいいですよね。なんだかパーカッシブ。リズミカル。

 

これらを踏まえるとバイクは楽器だと思いませんか。回転を上げると音が高くなりますから、ある意味音階ですよね。

私はある程度音感があるので、音の高さで回転数を判断する事も可能だったりします。皆さんもMT車に乗った時にタコメータを見なくても吹け上がりの感覚でギアチェンジができると思います。それは無意識に音を聞いているからなんですよ。

機械は動作する時に音を発します。ファンの風切り音、ギアの噛み合う音、モーターの励磁音、ブラシが擦れる音、一見静かに聞こえる機械でも内部では分子が熱を帯びて振動してます。

 

私はバイクや車など、動くものが好きです。見た目や機能も好きですけど、機械の発する音も好きなんですよ。なんで好きかっていうとおそらく音楽に通じる部分があるからだと思ってます。

私自身、バイクや車に乗ってる時は音を楽しみながら乗っていますからね。

 

皆さんも、車に乗る時、バイクに乗る時、何か機械を動かす時、

機械達の発する音に耳を傾けてあげてください〜。

 

 

そして、スタジオキナコのDJ達のかける音楽も聴いてください!!シャス!!

(とても強引な終わり方だな、うん(笑))

Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // Welcome to Studio Kinako