Blog

27 12月 2016

音楽対談 第2回 ~árbol de la música~ “音楽の樹” デトロイトキック

||
0 Comment
|

■biography
野口 哲顕   (N氏)
noguchi tetsuaki
%e9%87%8e%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%93_02

ギターを中2から、
レコードは高一から収集
・得意ジャンル
70年代
するどい音楽
哀愁のある音楽
・好きな食べ物

・スペイン バル Casaオーナー

 

新山 覚  (K氏)
niiyama kaku
%e8%a6%9a%e3%81%95%e3%82%93_04

・DJ歴18年
・得意ジャンル
Techno  /  House
・好きな食べ物
ペルシャ料理、スペイン料理
・スタジオキナコ代表

 

■第1回テーマ
『ジェフ・ミルズ と デトロイトテクノ』

M爺  第2回のテーマは何にするか、考えたのですが、
ジェフ・ミルズ と デトロイトテクノ」にします。

N氏  第1回はジェフ・ミルズか。

K氏  テクノっすか。

N氏       もうちょっとジェフ・ミルズよりの会話をしないと。
掘り下げないとね。

K氏       う~ん、書いて欲しいね。

N氏       俺、ジェフ・ミルズを最初に聞いたのは、やっぱりMix Upだね。
(Jeff Mills Mix-Up  https://youtu.be/6EPPaHOHvjo

K氏  Mix Up・・・・ミックスCDって事ですか?

N氏  石野卓球さん監修のさ、ミックスシリーズあるじゃん。

K氏  聴きました聴きました。 コンピレーション的な。

N氏  アニメっぽいジャケの。
あれの第1回がジェフっしょ。
あとデリック・メイもあるし。

K氏  デリック・メイね。
(Derrick May Strings Of Life  https://youtu.be/FFSWAKPe8Gk

N氏  田中フミヤもあるし。

K氏  田中フミヤ。
(田中フミヤ  https://www.youtube.com/watch?v=GMiiV7ye6Oc&feature=youtu.be

N氏  結構俺らの世代はあのCDシリーズ凄かったんだよ。

K氏  最先端だよね。

N氏  影響力半端なかった。

K氏  日本に入れてきたのは、やっぱり卓球さん なんでしょうかね。
俺がジェフ・ミルズを知ったのは
卓球さんのコンピレーションからだもんな。
しかもBPM早いんですよね。当時

N氏  140くらい

K氏  トランス?っていうね。
速かったですジェフ・ミルズ

N氏  そんな事ない、それで踊ってました。

K氏  でもキックが弱いんだ。

M爺  今、キックが弱いとありましたが、
    デトロイトテクノの特徴とはどんな物ですか?
    これがあるから、デトロイトなんだよなっていう。

K氏  デトロイトの特徴的な部分ではあるんだけど
ただ上音は凄くこだわっていて。

N氏  そうだよね。
ジャーマンに比べるとキックが弱い。
弱いんだけど、温かいんだよ。

K氏  そうなんですよね。

N氏  唯一無二のTR-909を使ってるんだけど。
デトロイトのキックって、色んなアーティストがいるのに、
共通した音があるんだよ。
デトロイトキックとか呼んでたんだよ。

K氏  デトロイトキックという言葉があったんですか?

N氏  いや、無いと思うけど。

K氏  でも有ってもおかしくない。
独特なんだよね。
何かね、物足りなくは無いんだよね。
何か不思議な感覚に陥る。

N氏  でもジェフ・ミルズは、キックじゃない感じだよね。

K氏  ですね。
彼はあれですか?元々DJで、
有名になってきたような感じなのですか?
それともトラックメーカーとして有名になるんですか?
DJってイメージがあるのですが。

N氏  DJ最初じゃない
だってHIP HOPやってたんだもん。
DJ・・・だって、10秒とか20秒で曲変えちゃう。

K氏  魔術師って呼ばれててね

N氏  ウィザード・・・・
で、クラシックとやり出した辺りから俺、ちょっとわかんない。
結構やってたじゃん

K氏  はい
DJ半端ないですよね。

N氏  あの・・・あれ真似したよね ”Changes of Life”
♪てーててーてって、てーててーてって♪ て言う、
ジェフの有名なやつ
(Jeff Mills Changes of Life
https://www.youtube.com/watch?v=-DZbUOAeF-M&feature=youtu.be

K氏  10年前くらいのあれですか。

N氏  「潜り???」「モブリ???」 の中一番有名な曲のミックス。
俺ねミーハーだから、よくMix真似しちゃうんだよね。

(一同笑)

N氏  持ってるよ。レコードで。

K氏  あぁ、持ってるんすか!
あれが欲しくて欲しくてね。
僕はMixでしか聴いてなかったから、
色んなDJがかけてる。
カール・コックスとか。

 

 

M爺       デトロイトテクノと言えば、
まず、これだという曲がありますか?。
    象徴的な曲があれば。

N氏       ブラックウォーター流行ったよね。
(Octve One Black water
    https://www.youtube.com/watch?v=DC27i8zePSk

K氏  すげー流行った。
イイです。あれは、デトロイトテクノの代表的な
色んな要素が詰まっている感じがしたんですよ。

N氏  本当?

K氏  はい、僕的には(笑)

N氏   アレ系、あれぐらいだったら、結構あるよね。
もっと良いのって言うと言い方アレだけど。

K氏  本当っすか。
僕的には、ブラックウォーター衝撃的でしたね。

N氏  本当・・・・・
たしかにブラックウォーターとカール・コックスは・・・・近い。
カール・コックス俺、何枚か持ってるけど、ハウスっぽいテクノ。
(Carl Cox  Boiler Room Ibiza Villa Takeovers DJ Set
https://youtu.be/1kGsCVf_P8U

K氏  なんか これがデトロイトかぁ っていう感じがして。
そういえば、カール・コックスってJAZZとかFankの
ミックスとかも しているんですよね。
なるほどなぁ~って思って。

N氏  じゃぁオクターブ・ワンの昔の曲とか、聴きたい?

(N氏、レコードを探してかけるために退席、でも喋りながら探している)

K氏  聴きたいですね。
いや、オクターブワンは絶対押さえておいた方が良いっすよね。

N氏  探すまで時間がかかります。

K氏  オクターブワンは、M爺聴いた方が良いよ。

M爺  はい、何でも勉強します。

N氏  名前がカッコいいよね。

K氏  かっこいいっすよね。

(レコードが回り出し、音楽に包まれる)

K氏  最高の感じだよね。

(リズムが早めの曲に代わり、流れ始める オクターブワン/I believe)
(Octve One I Believe  https://youtu.be/Uxmp_mRhvIg

N氏  これすげー有名な曲。

M爺  でも、でも、嬉しいですよ。 偉そうな事言うようですけど、なかなか、

K氏  居ないよN氏のような人、この辺りじゃ。

N氏  あ~ ブラックウォーターは実家ですね。

K氏  実家ですか? ブラックウォーター聴きてーなー
たまに、めっちゃ聴きたくなりませんか?ブラックウォーター

N氏  あるあるあるある

K氏  何かこう、浸りたいっていう 渋いんすよ。凄く。

N氏  あるある、分かる、分かる。
兄弟、バーデン兄弟ね。

K氏  こぞって色んなDJがかけていたもん、毎週末クラブ行くと絶対。

N氏  何年くらい前?

K氏  10年前くらいになるかなぁ。

M爺  デトロイトテクノの前身にあたるシカゴハウスについても、
少し教えてください。

K氏  シカゴハウスね。

N氏  結構やばい。 うめき声しか言ってない

K氏  (笑)
シカゴハウスはそうですよね。
でもあのうめき声で有名なアーティストとか、めっちゃいるんだよね。
で、この前のパーティーで、このうめき声の人が亡くなったと言う事で
追悼の曲やるっつって、いきなり始まる。

N氏  俺はシカゴハウス好きだからね。 好きっていうか影響受けてるよね。

 

 

M爺  デトロイトテクノの創始者の一人と言われている、
    デリック・メイの事も聞いてみたいのですが。

N氏  そうだ、デリック・メイの昔のデトロイト・テクノロジー
クラブじゃないんだけど、そこで音楽を発展させていこうっていう
MIX聴いたらめっちゃヤバイ

K氏  聴いてみたいなぁ。

N氏  それも俺の友達から教えてもらったんだ。

K氏  あれ? M爺とN氏って、タメじゃね?

M爺  そうですよねぇ。

K氏  タメ!! じゃぁ、尚更言い刺激になりそうだね。

M爺  僕のまだ知識の浅い人間の目から見た、
素朴な質問など入れていきたいと思ってます。
勉強させてもらいます。

 

 

 

M爺       では、まだまだ語り足りないとは思うのですが、
    そろそろ時間なので・・・・
    お二人に今日のまとめを。

N氏  俺ね。こういう場を設けて、色々言ってくれるのが、嬉しい。

K氏  何かね、覆したいっていうのが凄く有るんだよね。
僕東京の生まれじゃないし、田舎生まれだから、
そこをね、地域貢献っていうか、貢献?・・・・
うん、改革に近いけども。
それは成し遂げたいと思ってる。

N氏  ちょっとそういう考えの人で集まりたいよね。

K氏  そうなんですよね。同志みたいな。ちょっと集まりたいよね。

M爺  今日はありがとうございました。

K氏  こちらこそ、ありがとうございました。

N氏  どうもありがとうございました。

 

 

M爺       かなり濃い話でしたが、印象深く刷り込まれたのは、
             「デトロイトはキックが弱い」  ですね(笑)
              でも、どう弱いのか? よく比べられるジャーマンテクノを
聴き込んでから、
またデトロイトに戻ってこないと、
キックが弱いとは分からない。
    音楽は奥が深いですね。
    次回もディープな対談を予定しております。
    第3回の お題は後日発表させていただきます。

    お楽しみに。
    今日はありがとうございました。

                       インタビュアー 山口 将志

                         To Be Continued

 

Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako
  1. Welcome to Studio Kinako // MINEx - Welcome to Studio Kinako